塾長コメント その他

日々雑感

投稿日:

安倍龍太郎

ネット依存型の万能感というものがあります。
ネット上で自分の考えは正しいと主張し、違う意見の者に対しては批判や攻撃を繰り返す人たちがいますが、それはこうした万能感におちいっているためだと思われます。
安部も最近、友人とネット上で争い、たいへん嫌な思いをしましたので、どうしてこんな精神状態におちいるのか考えてみました。
それは次の五つのステップで進行するのではないかと思われます。
a、ネットによる表面的な知識の採集。
b、採集した知識を元に作り上げた結論が正しいとの思い込み。自己肯定の願望。
c、共感するネット仲間との、心地好い交信による自己達成感。
d、異論をとなえる相手への反発と攻撃。
e、自分が間違っていると分かっても、bの正しさにしがみつこうとする執着。
たとえばネット右翼と呼ばれる人たちは、こうした万能感にとらわれている一例ではないでしょうか。
それ以上に恐ろしいのは、こうした精神状態を利用して大衆を操ろうとする悪賢い者たちがいることです。
ネット詐欺、新興宗教の勧誘、政治的プロパガンダ、ネット女子のかどわかし……etc.
政治的プロパガンダの代表はトランプ大統領ではないかと思います。彼はツイッターで意見を発信する史上初の大統領ですが、その背後にはネット依存型万能感を利用して、有権者を洗脳しようとするプロのチームがいるような気がしてなりません。
コロナ禍をきっかけにしてネット授業が押し進められようとしていますが、ネットにはこうした問題があることもしっかりと認識し、それに打ち克つ予防教育をしておくべきだと思います。

-塾長コメント, その他

執筆者:


comment

関連記事

ウイグルへの旅2

安部龍太郎  北京から国内便で四時間ほど飛び、その日はウルムチ市のホテルに泊まった。  新疆ウイグル地区と言えば中国の片田舎というイメージを持っていたが、ウルムチは人口三百万の大都市である。  町並み …

日々雑感

十五年ほど前に「はちどりの一滴(ひとしずく)」という童話が大きな反響をよんだ。  燃え盛る山火事を消そうと、はちどりはくちばしにすくった水の一滴をまくために何度も山に向かう。  森 …

京都ざぶん塾のサイトへようこそ!

「ざぶん賞」は、 子どもたちからの作文や詩を募集します。 選ばれた作品にはプロの画家が挿画を描きます。 Y, FUNATSU

ざぶん展(関西ブロック)

6回目となった関西ブロックの「ざぶん賞入選作品展示会(ざぶん展)」が、京都市の堀川御池ギャラリーで開催されました(2018年3月8日~11日) 今年、関西ブロックでは9名が入賞。その他、全国表彰作品、 …

ざぶん賞 関西ブロック入賞者表彰式

2018年3月11日、京都市の堀川御池ギャラリーで「ざぶん賞 関西ブロック入賞者表彰式」が行われました。 表彰式では〈ざぶん文化賞〉の嶋村和子をはじめ、〈特別賞〉の堀田悠斗、谷中柊歩、坂井日菜、岡田暖 …

検索

  • ログイン



    • 32787総閲覧数:
    • 40今日の閲覧数: