塾長コメント

日々雑感

投稿日:

安部龍太郎

  コロナ禍によって、人生が大きく変わった方々も多いと思います。
  私はもともと自宅勤務ですからダメージは少ない方だと思いますが、それでも窮地におちいりました。外出自粛2ヶ月にして、まったく小説が書けなくなったのです。
  エッセイや紀行文は普通に書けるのですが、小説のイマジネーションがまったく働かなくなりました。 こんなことは46歳の時に大スランプにおちいって以来です。
  そこで外出自粛の禁を破り、湯河原温泉のリゾートホテルにやって来ました。するとどうでしょう。凍りついていた創造力が働きだし、原稿がスムーズに書けるではありませんか。
  どうしてだろう。そう考えて思い当たったのは、巷の自粛縛りでした。外へ出るな、人に会うな、居酒屋へ行くな。stay  homeと犬のように脅しつけられ、自由な発想、夢のある創造力がすっかり枯渇していました。
  こうなったら、外出自粛などに縛られてはいられません。雨にも負けずコロナにも負けず、創造力を守り抜くしかないと思っています。

  偶然ですが、滞在しているリゾートホテルは、夏目漱石が1916年1月から20日ほど滞在していた所でした。彼はリウマチの治療に来ていたのですが、この年5月から「明暗」の連載を始め、12月に他界して絶筆になっています。
  その間、およそ七ヶ月。漱石を漱石たらしめた傑作が、そんな短い間に書かれたと知り、私は勇気を奮い起こしています。
  この30年間、そこそこの仕事しか出来なかったけれど、七ヶ月あれば挽回できる。その確信を胸に、残りの人生を一心不乱に生き抜こうと思っています。

-塾長コメント

執筆者:


comment

関連記事

日々雑感

安倍龍太郎 ネット依存型の万能感というものがあります。ネット上で自分の考えは正しいと主張し、違う意見の者に対しては批判や攻撃を繰り返す人たちがいますが、それはこうした万能感におちいっているためだと思わ …

ウイグルへの旅2

安部龍太郎  北京から国内便で四時間ほど飛び、その日はウルムチ市のホテルに泊まった。  新疆ウイグル地区と言えば中国の片田舎というイメージを持っていたが、ウルムチは人口三百万の大都市である。  町並み …

ウィグルへの旅4

安部龍太郎  新疆ウィグル地区は、唐の時代には胡〈こ〉とか、西域と呼ばれてた。  この地方由来のものが日本にも結構伝わっているが、それには胡という字がついてくる。胡弓〈こきゅう〉、胡麻〈ごま〉、胡椒〈 …

日々雑感

十五年ほど前に「はちどりの一滴(ひとしずく)」という童話が大きな反響をよんだ。  燃え盛る山火事を消そうと、はちどりはくちばしにすくった水の一滴をまくために何度も山に向かう。  森 …

ウィグルへの旅1

安部龍太郎 みなさん、お元気ですか? 五月八日から十九日まで、新疆ウィグル自治区の取材に行ってきました。かつて中国から西域と呼ばれたこの地は、日本の面積の四.五倍もあります。 北の天山山脈と南の崑崙( …

検索

  • ログイン



    • 18268総閲覧数:
    • 25今日の閲覧数: