種々雑感

続報と今日の京都

投稿日:

前回の投稿でご紹介させて戴きました電脳紙芝居「鬼っ子むぅ ころねんとの闘いの其の四から六が出来上がっています。この作品は仕事場に籠ってこの二か月近くを闘った私の記録のようなものです。おかげで色々なことを学べました。

第一には、自分さえ良ければいい、は最悪の考えであること。第二に、自分だけが痛い目にあえば済むだろ?も間違った考えであること。特にこの二つは、いつ感染するかもしれない場所で、この病気を治療してくれている人たち、食べねば生きていけない人間なので、食料を流通、販売してくれている人たちなどへ、とても失礼なことなのだと深く思いました。うつされるだけでは済まない。知らず知らずのうちに自分がまた誰かにウィルスを運んでしまっているかもしれないからです。そのための我慢。家から出かけないという毎日は苦痛です。友達が恋しくなります。でも、その大切な友達を守るための我慢だから堪えられるのでしょう。

何をしようとするにも考えることから始めることも学びました。皆が必死に感染の拡大を防ごうと努力しているのに自分の我が儘は通用しない。ちょっとだけ・・・が、とんでもないことになりかねない。そこまでは考え過ぎじゃない?と言われたこともありました。心が揺らいだときに教えてくれたのは、鬼っ子むぅくん。彼の考え方と行動が私の模範だったことに気付きました。当たり前かもしれませんが、皆さんもざぶん賞に寄せる文章を書いていて感じたことはありませんか?文章が書きながら育っていく感覚を。むぅは作者より一歩前をいつも歩いていました。彼に感謝です。

なんだか暗いことばかりを並べてしまいましたが、今日から京都の緊急事態宣言は解除になりました。私の店、草々庵も週明けの火曜日から営業を再開します。街も元気を取り戻して賑わっているのかな?と目を向けると意外や走る車も歩く人も少な目です。もういいよ…と言われても慎重に、考えて行動しているんだなぁと感じます。そう、これからが肝心。油断したらまたコロナは帰ってきます。この自粛期間に考えたこと、これからも実践していこうね。私も忘れぬように心がけます。

鬼っ子むぅ ころねんとの闘い 其の四 https://youtu.be/nf6_bxmRPUk
其の五 https://youtu.be/bMqtM1z9rkU
其の六 https://youtu.be/1wXOgvurKrA

-種々雑感

執筆者:


comment

関連記事

「水に関する作文」で思うこと

  「水について、思うことを述べよ」、なんて言われると構えてしまって、先ず、そもそも水とは…というところから始めないといけなくなってしまうのかも知れません。 でも、私は、小中学生の作文はもっ …

厄介な相手、水。

さあ、いよいよ今年もざぶん賞の季節がやって来ましたね。水に触れ、水を身体に取り込むことの増える時季です。 私は58才。この年になって健康の大切さを強く感じるようになりました。お医者さんからの健康指導な …

画工 殿村栄一

動く水もあれば、じっと佇んでいる水もあります。水を感じると体が瑞々しくなるのは自然なことなのでしょうね。 殿村栄一 画工(えかき)

水のはなし

水のはなし

水から得るイマジネーションを広げる楽しみ。 水と生きるたくさんの生き物と共有する世界。 あれこれ楽しく想像し、創造してみてください。 Riz

お元気ですか?

 皆さんは学校へも行けず、友達と会えない寂しい毎日を過ごしているのでしょう。日曜日に家族で出掛けることも我慢しなければならないことは、とても辛いですよね。  私、殿村は絵描きです。絵を描くことは部屋の …

検索

  • ログイン



    • 18268総閲覧数:
    • 25今日の閲覧数: