塾長コメント

日々雑感

投稿日:

安部龍太郎

  コロナウィルスの影響が深刻です。4月4日現在で世界中で百万人が感染し、六万人近い死者が出ています。つい二時間前、アメリカでは1日に1480人が亡くなったとの報道がありました。
  歴史的には天然痘やペスト、コレラ、スペイン風邪などの蔓延があり、甚大な被害があったことは知っていました。
  特に1918年から翌年にかけて流行したスペイン風邪では五億人が感染し、五千万人の死者が出たと言われています。
  しかしそれは歴史的な知識であって、まさか現代にこんなことが起こるとは想像もしていませんでした。この被害をどの程度に食い止め、どれくらいの期間で終息させ、その後の復興をどうするのか、問題は山積しています。
  もっとも心配なのは、1930年代に世界を襲った大恐慌が第2次世界大戦を引き起こしたのと同様のことが、コロナショックを引き金にして起こるのではないかということです。
  この不安と恐怖の時代に、我々はどうやって己れの正義と信念、生き方の流儀を貫いていくのか。そのことを自分の問題として突き詰めておくことが、来るべき混迷の時代のもっとも有効な対処法ではないでしょうか。

-塾長コメント

執筆者:


comment

関連記事

日々雑感

安部龍太郎   明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。  申し訳ありませんが、今年から「ウイグルへの旅」ではなく「日々雑感」、心に移りゆくよしなし事を書か …

ざぶん

3月11日、関西ざぶん賞表彰式

本日、関西ざぶん賞実行委員会の表彰式が滞りなく行われました。 くしくも、東北地方の大震災から、丸7年目という日でありました。ちょうど京都ざぶん塾が発足したのは、その翌日でした。それから、丸7年、京都ざ …

ウィグルへの旅1

安部龍太郎 みなさん、お元気ですか? 五月八日から十九日まで、新疆ウィグル自治区の取材に行ってきました。かつて中国から西域と呼ばれたこの地は、日本の面積の四.五倍もあります。 北の天山山脈と南の崑崙( …

ウィグルへの旅3

安部龍太郎  タリム盆地は東のハミ市から西のカシュガル市まで およそ千八百キロ、北の天山山脈から南の崑崙山脈までおよそ五百五十キロ。  その面積は日本とほぼ同じだが、水は二つの山脈を中心とする雪解け水 …

ウイグルへの旅2

安部龍太郎  北京から国内便で四時間ほど飛び、その日はウルムチ市のホテルに泊まった。  新疆ウイグル地区と言えば中国の片田舎というイメージを持っていたが、ウルムチは人口三百万の大都市である。  町並み …

検索

  • ログイン



    • 12414総閲覧数:
    • 3今日の閲覧数: