ご報告

一次選考が終了

投稿日:

 昨日、今日の二日間で2019年度ざぶん賞、関西地区から応募くださった作品の第一次選考会が開かれました。二府四県からお寄せいただいた作品は849点。皆さんの水への思いや記憶、考えをそれぞれの視点から原稿用紙に混めていただいた一点一点をきちんと読ませていただきました。思わず笑顔がこぼれてくるような作品。ほろりとさせられる思い出話。お!なかなかやるなぁと感心させられるような物語調の作品。よくここまで調べたなぁと唸らせられる研究論文のような文章と個性様々でした。その中から我々は真剣に読み、50数点の作品を最終選考の場へと送り出しました。全国の各地から集まる作品から選りすぐられた作品を見つけ出すべく、審査委員長を筆頭に必死の選考が行われることでしょう。来年三月のざぶん展で一点でも多くの、関西のみんなの作品に再開できることを祈っています。熱筆応募、ありがとう。

2019関西一次選考
849点の苦心の結晶だね。


2019関西一次選考
ケアレスミス、誤字脱字、読みにくい字もいくつかあったぞ。しっかりと下書きをして、丁寧に書き、読み返しもしような。せっかくの作品なんだから。

2019関西一次選考
文章のプロフェッショナル、表現のプロフェッショナルが心を込めて読みました。

-ご報告

執筆者:


comment

関連記事

画工殿村

関西地区の一次選考が終了しました

十二日と十三日の二日間で関西地区の一次選考が行われ、無事に終了しました。選考委員を微笑ませてくれたり、悩ませてくれたりと様々な作品を、六人の大人が真剣に読み、次の選考へと送り出しました。   …

2020関西地区一次選考会

昨日と本日の二日間、本年度のざぶん賞、関西地区の一次選考会を開いています。コロナ渦で大変な中、例年と変わらぬ数の応募に感謝いたします。 安心してください。我々はきちんと読み、判断して選考しています。ま …

検索

  • ログイン



    • 28982総閲覧数:
    • 0今日の閲覧数: