応募する子どもたちへ 学校の先生方へ その他

夏休みにやってみませんか

投稿日:

今年の夏は猛暑続きで体がぐったりしてしまいます。屋内にいても熱中症になる危険性があるので、水分をしっかり補給してください。

海、湖、川、プールなどに行くのも楽しいものですが、家でも水を使って涼んでみてはどうでしょう。アサガオの水やり、かき氷作り、洗車の手伝い、夕方には打ち水や植木の水やりなど、手伝いをしながらいろいろ涼むこともできます。

先日、新聞に夏休み自由研究のヒントが載っていました。『台所で氷の実験や雲作り』(京都新聞 7月26日付朝刊 9面)という記事です。
「氷結の速さを比較」(液体に含まれる成分によって凍る速度が異なることを確かめる)と、「雲を作ろう」(炭酸飲料用のペットボトルを使って雲を作る)の2つの実験が紹介されています。水が変容する様を観察する面白い実験だなと思いました。

ちょっと前の新聞ですので手元にないかもしれませんが、もし興味があれば近くの図書館に行けば見ることができます。
(新聞記事を許可なくネットで掲出するのは法律違反ですので、ここには載せません。ぜひ、図書館に行って探してみてください。なお、実験をする時は安全に注意して、大人の人と一緒に作業しましょう)

この記事のものに限らずなにか実験をしてみたいと思ったときには、「水を使って実験をしたいのですが、参考になる本を教えてください」と図書館の人(リファレンス係の司書さん)に相談すれば、いろいろ教えてくださるはずです。

また、もう少し小さな子どもたちにも理解できるよう水のことをわかりやすく書かれた絵本があるので紹介します。

『みずとは なんじゃ?』(かこさとし・作 、鈴木まもる・絵、小峰書店)

いつも私たちの周りにある水。姿を変えながらいろいろな働きで私たちを支える大切なもの。そんな水のことを子どもたちに伝える絵本です。科学者としての確かな考察のもとに書かれた同書は、大人が読んでも大変参考になる一冊です。

-応募する子どもたちへ, 学校の先生方へ, その他

執筆者:


comment

関連記事

画工殿村

感動!

自身の表彰作品の前でそれを見上げる姿。 親御さんから「よかったね」と声を掛けられ 「うん」と答える後姿に。 自分の声で心を籠めての朗読。 慣れぬ緊張の中で質問を向ける目。 この感動を目の当たりにするこ …

2020関西地区一次選考会

昨日と本日の二日間、本年度のざぶん賞、関西地区の一次選考会を開いています。コロナ渦で大変な中、例年と変わらぬ数の応募に感謝いたします。 安心してください。我々はきちんと読み、判断して選考しています。ま …

ざぶん展(関西ブロック)

6回目となった関西ブロックの「ざぶん賞入選作品展示会(ざぶん展)」が、京都市の堀川御池ギャラリーで開催されました(2018年3月8日~11日) 今年、関西ブロックでは9名が入賞。その他、全国表彰作品、 …

日々雑感

安倍龍太郎 ネット依存型の万能感というものがあります。ネット上で自分の考えは正しいと主張し、違う意見の者に対しては批判や攻撃を繰り返す人たちがいますが、それはこうした万能感におちいっているためだと思わ …

京都を支える水の路

京都へ命の水を運ぶ「琵琶湖疏水」。京都人ならだれもが恩恵にあずかっています。建設されて約130年(1890年、第1疏水完成)。私たちの日常に当たり前のように存在し共存する疏水 (私は小学生のころ、踏水 …

検索

  • ログイン



    • 35802総閲覧数:
    • 14今日の閲覧数: